こんにちは、”はふぃ”です。

我が家にはGoogle Home(グーグルホーム)があるので、これまでいくつかGoogle Homeに関する記事をあげてきました!

Google Homeに関する記事はこちら

ですがこの度、Amazon Echo(アマゾンエコー)を購入してしまいました!(一人暮らしなので2つも絶対にいりませんが…笑)

そこで今回はAmazon Echoの箱を開けてから、電気を消せるようにするまでを実際に行いながら解説していきたいと思います。

Amazon Echoについて

Amazon Echoには以下のような種類があります。

出展:Amazon
Echo DotEchoEcho PlusEcho SpotEcho Show
特徴コンパクトで価格が安い音も良く価格も標準なのでとりあえず欲しい場合はこれ音質が最高品質で対応スマート家電の簡単セットアップスクリーン付きでコンパクト大きなスクリーン音質もかなり良い
価格¥5,980¥11,980¥17,980¥14,980¥27,980
サイズと質量43 x 99 x 99 mm、
300g
148 x 88 x 88 mm、
821g
148 x 99 x 99 mm、
780g
104 x 97 x 91 mm、
419g
246 x 174 x 106 mm, 
1,768g
スクリーン
高機能スピーカー
スマート家電の簡単セットアップ
温度センサー内蔵

様々な種類がありますが、大きな違いは価格スピーカーの品質ディスプレイの有無です。

内蔵しているAlexaの機能に差はないので、用途に応じて好みのものを選択しましょう。

なお、今回紹介するのはEchoです。

初期設定

まず、スマートフォンでAlexaアプリをダウンロードします。

出展:Google Play

Amazonアカウントでログインし、Echoとアプリそれぞれセットアップがあるようなので、まずはEchoのセットアップから行います。

デバイスを選択し、手順にしたがってWiFiに接続します。

その後、Alexaを配置する場所やユーザーのこと、Alexa同士での連絡用に電話番号の登録などについて設定が進みます。

最後にAlexaに関する説明動画を観て、セットアップは完了です。

※ Echoのセットアップが完了するとAlexaアプリをセットアップが表示されなくなってしまったのですが、「設定 → デバイスの設定 → このスマートフォンのAlexa」からも設定が可能でした。

「電気を消す」設定

それではいよいよ家の電気を消す設定を行なっていきます。

我が家のライトはスマートホーム対応ではなく、赤外線のリモコンで操作するタイプなので、そのままではAmazon Echoと連携することはできません。

そこでNature Remo(ネイチャーリモ)というデバイスを利用します。

Nature Remoとは

Nature Remoとは、スマートスピーカー(Amazon Echo)と家電(ライト)の間をつなぎ、スマートスピーカーの指示によって家電を操作するリモコンの役割を担うデバイスです。

これを使うことにより、赤外線のリモコンがある家電ならなんでもスマートスピーカーと連携して操作することができます!

設定手順

※ ここからはAmazon EchoとNature Remoの連携について説明していきますが、事前にNature Remoのセットアップと家電の登録が必要です。まだの方は以下を参考に行なってください。

→ Nature Remoのセットアップ&家電の登録方法:https://nature.global/jp/gettingstarted

では早速、Alexaアプリの設定手順からです。

Alexaアプリを開き、左上の「≡」をタップし、メニューが表示されるので「スキル・ゲーム」を選択します。

右上の「検索窓アイコン」をタップし、検索ワードとして「Nature Remo」と入力するとサジェストが表示されるので、「Nature Remo Smart Home Skill」を選択します。

検索結果の中に「Nature Remo Smart Home Skill」があると思うので、それをタップします。

するとスキルの設定画面になるので、「有効にして使用する」をタップします。

ログイン画面が表示されるので、Nature Remoに登録されているGoogleアカウント、もしくはメールアドレスでログイン。

ログインすると、アクセスの許可を求められるので「許可する」をタップします。

「正常にリンクされました」と表示されればアカウントリンクが完了です。

その後、端末の検出が必要となるため「端末の検出」をタップします。

Nature Remoのアプリに登録した家電(今回はライト)が追加できたら完了です。

実際の動作の様子

実際に「Alexa、ライトを点けて(消して)」とお願いした様子がこちらです。

Google Homeと比較すると、

  • 「Alexa」で起動できるので楽(Google Homeは「OK、Google」なので少し長い)
  • 操作した後にGoogle Homeでは「Nature Remoです。ライトを操作します」と言った言葉が続くのですが、Amazon Echoは「はい」だけなのでめちゃめちゃシンプル

※ Google Homeを操作してみた動画はこちら

まとめ

まだ使い始めですが、Amazon Echoの方が返答がシンプルで無駄がないので早くもGoogle Homeから心変わりしそうになってます。笑

商品詳細

投稿者: はふぃ

若手のWEBフロントエンジニア。最近はバレーボールにハマってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA