こんにちは、”はふぃ”です。

パソコンで使う機能1位と言っても良いぐらいよく使うのがコピペです。

コピー&ペーストの略であるコピペですが、その名の通り文章や画像などをコピー(複製)して他の場所にペースト(貼り付ける)機能を意味します。

そんな便利なコピペですが、コピーする度に上書きされてしまうため、複数の文章などを連続してコピペする場合には一つずつコピペを繰り返さなければいけないのでとてもめんどくさいです。(先に全部コピーしてからまとめてペーストしたい)

そんな時に使えるのがClipyというMacアプリです!

※ すでに書いている通り、Mac専用なのでご注意ください。

Clipyとは?

ClipyはMac用のクリップボード拡張機能で、無料でダウンロード可能です。

そして、大きく2つの機能があります。

  • コピーした複数のアイテムを記録することができ、任意のアイテムをペーストできる
  • スニペットを登録することで、いつでもそのアイテムをペーストできる

複数アイテムのコピペ機能

Clipyのメイン機能である複数アイテムのコピペ機能について説明します。

まずコピーについてですが、通常と同様に対象を選択して⌘ + Cなどでコピーします。(下図では緑背景になっている部分をコピーしました)

次にペーストしたい場所で⌘ + Shift + vを押すとこれまでにコピーした履歴が表示されるので、その中からペーストしたいアイテムを選択してペーストします。これだけです!笑

記録する履歴の数やショートカットなどは「環境設定」から変更できるので、使いやすいようにカスタマイズできます。

スニペット機能

続いて、あらかじめ登録しておいたアイテムをペーストできるスニペット機能についてです。

⌘ + Shift + vで表示したメニューの「スニペットを編集」を選択すると以下のような画面が出現します。

左上の「フォルダを追加」をクリックすると”untitled folder”という名のフォルダが作成されるので、タイトル部分をダブルクリックしてフォルダ名を変更します。

次に対象のフォルダを指定した状態で左上の「スニペット追加」ボタンを押すと”untitled snippet”という項目ができるので、同様に名前をわかりやすいように変更します。

そして右側に記録しておきたいアイテムを記入します。これでスニペットの登録は完了です。

あとはコピペの時と同様に⌘ + Shift + vでメニューを開き、ペーストしたいスニペットを選択するのみです!

Clipyが動作しなくなってしまった時の対応

たまに⌘ + Shift + vを押してもClipyが使えないことがあります。

PCを再起動しても直るのですが、めんどくさいので以下の方法を試してみてください!

まず、「Launchpad > その他 > アクティビティモニタ」を起動します。

起動すると「CPU」タブが開かれており、いろんなアプリ等が一覧で表示されていると思いますが、その中からClipyを探して選択します。

選択した状態で左上の「×ボタン」を押すと”このプロセスを終了してもよろしいですか?”というメッセージが表示されますので「終了ボタン」をクリックして、Clipyを強制終了させましょう。

終了が完了したらアクティビティモニタを閉じ、LaunchpadからClipyを再度起動します。

これでまた使えるようになっているはずです!

まとめ

手軽でとても簡単に操作できるClipyの紹介でした。

一度使い始めるとこれなしでは作業できなくなりますよ!笑

投稿者: はふぃ

若手のWEBフロントエンジニア。最近はバレーボールにハマってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA