こんにちは、”はふぃ”です。

タイトルにあるaliasとは、もともとあるコマンドを自分好みのコマンドに省略する設定のことを言います。

例えば

$ git status

というコマンドがありますが、私はaliasを設定して

$ g st

で同じコマンドを実行できるようにしています。

今回はgitのコマンドのaliasの設定の仕方私が設定しているaliasの紹介をします!

aliasの設定方法

gitのconfigにaliasを設定するのですが、設定するファイルによってaliasが効果を発揮する範囲が変わってきます。

  • local:コマンドを実行している時の該当リポジトリ
  • global:該当ユーザーの全リポジトリ
  • system:システム全体(全ユーザーの全リポジトリ)

上記を参考にそれぞれ以下のコマンドを実行します。

$ git config -e --local 
$ git config -e --global
$ git config -e --system

するとgitのconfigファイルが開くのでそこに以下のように設定を加えます。

[alias]
  g = git

書き方は短縮系 = 本来のコマンドです。

aliasのサンプル

実際に私が設定しているaliasは以下です(割とシンプルです)。

[alias]
  g = git
  st = status
  df = diff
  co = checkout
  b = branch
  newbr = checkout -b
  cm = commit -m
  ca = commit --amend
  conflicts = !git ls-files -u | cut -f 2 | sort -u

それぞれ内容は

  • git:説明するまでもなく、gitのコマンドを呼ぶ時に必要なコマンドです。しょっちゅう使うものは省略しないと!
  • status:現在のバージョン管理の状態を見るコマンドでcommit前の変更されたファイルやどれぐらいcommitしているかなどが確認できる。
  • diff:addする前に変更した箇所とインデックスとの変更点を確認するコマンド。あまり使わない。
  • checkout:ブランチを切り替えるコマンドでめちゃめちゃ使う割にcheckoutは文字数が多いので省略にもってこい!
  • branchg b -D [ブランチ名]の形式でブランチを削除する時に使うことが多い。
  • checkout -b:新規ブランチを作成するコマンド。newbrnew branchの意味なので覚えやすくておすすめ!
  • commit -m:コメント付きでcommitするコマンド。これも頻出!
  • commit –amend:一つ前のcommitを修正するコマンド。commitした後に追加漏れを思い出して対応した場合などにcommitをまとめるために使うことが多い。
  • !git ls-files -u | cut -f 2 | sort -u:現在発生しているコンフリクトのファイル一覧を表示するコマンド。ネットから拾ってきた。

まとめ

よく使うコマンドは自分の使いやすいようにaliasを設定して、効率アップ + こなれ感を出していこう!笑

投稿者: はふぃ

若手のWEBフロントエンジニア。最近はバレーボールにハマってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA